スマートフォンで音楽を楽しめるまで

お気に入りの曲をきく

まずはお気に入りの曲を「聴く」ことです。
普通にCDを買って聞くとき、目的の曲は、シングルでも収録されているうちのほんの一部しかありません。
それ故に、CDをちゃんと活用したのは買って間もない数回だけ。
持て余すようになったらリサイクルショップに出してしまうということがあると思います。

しかし、スマホで曲を聴くときは、聴きたい曲をYouTubeなどの動画サイトを用いるなら検索で見ることができます。
また、現在ではほしい曲だけをウェブマネーを利用して買い、イヤホンさえつければ好きな時に流すことが出来ます。
利点が多いですが注意すべきことが1つあります。
好きな曲に囲まれ自分の空間を得ることが出来ますが、自分の空間に酔わないことを注意するべきかもしれません。

見て聞いて楽しむ

「きくこと」のもう一つは、ただ聴くだけではありません。
動画サイトで、映像に合わせて見て、音楽を楽しむことです。
これは、ボーカロイド曲を例として見ていきましょう。

ボーカロイドとは、音声合成技術を用いて、パソコンだけで歌っているかのような曲全般を指しています。
時代が進むにつれて技術が進化して、現在では表現を加えやすくなりましたが、ボーカロイドが生まれた頃は機械に歌わせてみた、という感じでした。
それでは、どんなメロディーの美しい曲が出来ても、伝わるものも伝えられません。
そこで、画像という視覚を併用して、曲に込められた想いをより的確に伝達させていきました。

またボーカロイドに限らず例えばクラッシック音楽でも、オーケストラの演奏の動画を見ると、また一味違うと思います。
弓のボーイングや、管楽器の息継ぎが一人一人見ることが出来て、曲の解釈がより伝わるからです。


この記事をシェアする